賑わう空港

格安航空券はシーズンを考える

格安航空券はシーズンを考える

格安な航空券をとってどこかへ行きたい人は多いです。それならば格安になる時期を狙って航空券を選べばいいのではないでしょうか。国内のJALを見ていてもピークがあります。繁忙期を避ければ安いチケットを手に入れることができます。

一般的な繁忙期を知る


国内でJAL等が設定している料金は日本の休みの日を参考にして決めていることが多いでしょう。
一般的な繁忙期はつまり日本の休日なのです。例えばゴールデンウィーク、年末年始は理由なしに高いですよね。
それは大型連休を国民がとるからです。こうした大型連休の時期というのはなかなかリーズナブルな価格のチケットを取ることができませんので、少しシーズンを外してみてはいかがでしょうか。

日本のシーズンを外して考える

シーズンを考えるときに日本のシーズンと、目的地のシーズン、どちらも考える必要があります。
ここでは最初に日本のシーズンから考えますが、日本のシーズン、それは先ほども紹介しましたが、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休み、シルバーウィーク、これらが日本における繁忙期と呼ばれる時期になります。
この時期はどこかへ行こうと思っている人が多い時期にあたりますので、必然的にどこの航空会社でもチケットは高くなってしまうのです。
この時期を少しずらして、この時期の前後にすればリーズナブルなチケットが手に入りやすくなります。

注意したいのは目的地のシーズン

日本のシーズンだけを考えてチケットを取ると失敗することがあります。
それは目的地にもシーズンがあるのです。日本ではオフシーズンだったとしても、例えば日本と反対の南半球のオーストラリアやニュージーランドは日本の真冬が真夏にあたりますので、ベストシーズンです。
目的地がベストシーズンだった場合、あちらのチケットの値段は高めに設定されているので、日本がいくらシーズンオフだからと言ってもあまりチケットの値段が下がらないのです。
目的地に例えば年に数回のイベントやお祭りがあるという場合も同様ですので、しっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

シーズンを考えればかなり安く行ける

ハイシーズンを避けるだけでかなりお得にチケットを取ることができるようになります。日本ではオフシーズンでもベストシーズンになる国もあり、さらにベストシーズンでも安いところ等もありますので調べてみると意外とお得に行けるところもあるでしょう。国内も同様ですので。こまめにチェックしてみるといいでしょう。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017ただ買うだけではダメ?格安航空券をよりお得にするにはAll Rights Reserved.