賑わう空港

格安航空券のよくある誤解について

格安航空券のよくある誤解について

格安な航空券について誤解している人が希にいます。出発間際に空港へ行けば空席があれば叩き売りをしてかなり安い値段で飛行機に乗せてくれるのではないかと思っている人です。国内でJAL等の航空会社はそのようなことは一切していません。

定員割れしていても

国内大手のJALやANAは定員割れしていて空席があったとしても格安な航空券の値段にして出発間際にたたき売りしているのではないかと思っている人もいますがそれはありません。ですから何も予定を立てず、とりあえず航空券を持たずに空港に行ってみようと安易に思っている人は間違いです。
空港に行ったところで安いチケットは手に入らないのです。

チケットが安くなるチャンスは?

赤淵の航空券
チケットが安くなるチャンスというのはそれぞれの会社によってもあるのですが、もしどこか目的地が決まっていて、旅行や出張の期間が決まっている場合には必ず事前にチケットは用意しておいたほうがいいでしょう。
やむを得ない場合に空港へ行って行き当たりばったりでチケットを確保することはあっても、それ以外の場合には安くなったチケットでどこかへ行くなどということはないのです。
事前にチケットを購入しておくことが安いチケットを手に入れて飛行機に乗ることにつながります。

出発時間、旅程には余裕を持って

仕事に都合や学校の都合等で休みが取れない人にも、リーズナブルな価格でチケットが手に入る時期はあります。
それは、早朝出発の便を選んだり深夜出発の便を選ぶこと、早朝に目的地につく、深夜に目的地につくといったものはどちらかといえばオールシーズンリーズナブルな価格です。
出発時間にあまりこだわらず、チケットの値段が安ければそれでいいと思っている人は、出発時間を一度自由にしてみれば、かなり安いチケットが手に入るはずです。
チケット検索の際に最安値と表示してくれているサイトもありますが、だいたい最安値と書かれている飛行機はかなりリーズナブルで、出発時間や到着時間を見てみるとあまり普通では考えないような時間に設定されていることが多いでしょう。
しかしそこさえクリアできれば安いチケットは意外とすぐにでも手に入るものですので、セール時期、バーゲン時期等に休みが取れないという人は、こうした出発時間等で安いチケットを手に入れられるように都合をつけてみるというのも一つの方法かもしれませんね。
それほど大変なことではなく、手軽に検索できますのでおすすめです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017ただ買うだけではダメ?格安航空券をよりお得にするにはAll Rights Reserved.